人材確保に効果的なリテンション施策とは?離職率を低下させる方法をご紹介

「リテンション」とは

リテンションとは保持、記憶、記憶力の意味です。

マーケティングで使われるリテンションとは、既存顧客との関係を

維持していくためのマーケティング活動のこと。

自社の顧客に製品やサービスを継続して購入または利用してもらうことです。

 

一度顧客が離れてしまうと、新規に顧客を開拓することは非常にコストが

かかります。

新規のお客様を獲得するには、既存のお客様の5倍のコストがかかると

いわれているため、いかに既存顧客を維持し、離反させないかが重要となります。

 

人材管理におけるリテンション施策とは、企業によって行われる

転職などによる人材流出の防止策のことです。

企業に利益をもたらす優秀な社員に対し良好な関係を維持し、

長く働いてもらうことを目的とした施策です。

労働人口が減少し、高齢化する中で優秀な人材を手放さないための

施策が注目されています。

 

 

リテンションに効果的な施策

中途採用支援サイト『エン 人事のミカタ』アンケート―によると

リテンションに効果的な施策は

社内コミュニケーションの活性化と待遇改善が1位2位でした。

1位 社内コミュニケーションの充実 59%
2位 待遇改善 58%
3位 能力開発・教育制度 29%
4位 キャリアプランの提示(異動など) 25%
5位 募集・入社時のギャップ解消 22%
5位 人事考課・目標管理の改善 22%

 

社内コミュニケーションの充実

社内コミュニケーションの充実と一言でいってもなかなか難しいですが、

社員同士、上司、部下でなんらかの意思疎通に不満がある方は

以前として多いことがわかります。

 

対策をされていない会社では、

基本的なコミュニケーションを以外に学んでいないのではないでしょうか?

社内コミュニケーションを活性化させる仕組みを創ることも大切ですし

自分自身の心の持ち方、感情コントロールの調整方法を学ぶべきだと

個人的には思います。

 

外からの刺激(言葉や指示などのコミュニケーション)があって当たり前ですし、

自分と他人は違うということを理解していても感情では理解していないので

この辺りはうまく研修を取り入れて欲しいです。

2位 待遇改善 58%
3位 能力開発・教育制度 29%
4位 キャリアプランの提示(異動など) 25%
5位 募集・入社時のギャップ解消 22%

 

これらの項目についてはきちんと日頃からアンケートやヒアリング、

面談で不満を吸い上げて調整をするべきだと思います。

 

対応策が後手になると

 

たくさんのお金を結果的にロスすることになります。

(1)退職金

(2)「採用」に関するさまざまなコスト負担

社員教育による時間、コストロス

(3)「機会」の損失・「生産性」の低下

(4)「顧客」「社員」の流出

(5)「企業ノウハウ」の流出

(6)「職場活力」の低下

などコストだけでなく、さらには職場の雰囲気の低下、連鎖が起こります。

概算ですが、給与の6ヶ月分から2年半分相当と言われていますので

400万円の社員もし年間5名退職としたら

400万円×0.5年×5=1000万円

400万円×2.5年×5=5000万円

と大きな数字になります。

 

やはりそうなる前に組織の健康度を測り、

しっかりと社員の意見、声にできない部分を吸い上げる。

そして研修を定期でいれて絶えずベクトルが一定方向に向くようにしなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

nakamori

臨床検査技師から、転職すること5回。売れない営業やダメ管理職を経験し、心理学やコーチングスキルなどコミュニケーション術を学び売れない営業から上場企業で全体の25%を一人で売上げるトップ営業に。 会社員時代それぞれの会社の上司に相談事を持ちかけたがいずれも相手にしてもらえず、不満がたまったり、うつ病直前までいった経験から 社員の気持ちを聞き入れる開かれた経営や働きがいを感じる組織づくりのサポートになるよう日夜研究をし、働き方改革のシステムを開発に全力をあげています。スピードコーチング大阪支社長 趣味は魚釣り 自分の力で釣るのが好き  最大は沖縄で25キロのハタを釣り上げました。 最近は新しい働き方改革のシステムを作るのに注力をしています。